ホーム>ニュース一覧>木の実由来のサステナブルなコート「KAPOK KNOT」
news

ニュース

カテゴリから探す

ニュース

J-WAVE

木の実由来のサステナブルなコート「KAPOK KNOT」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ceiba-tree-321639_1920-1600x1199.jpg

皆様、こんにちは。ハミングバード広報事務局のケンです。ここでは私たち一般社団法人ハミングバード が応援している毎週日曜日、朝8時30分からの番組、J-WAVE「Make my day」のコーナー「HUMMINGBIRD SUSTAINABLE LIFESTYLE」2月7日放送の模様をレポートさせていただきます。

今回は環境に優しいファッションブランド「KAPOK KNOT(カポック・ノット)」についてご紹介します。

とてもスタイリッシュなコートを手掛けているカポック・ノット。

その素材はダウン並みの暖かさながら、原材料は木の実からできているというもの。

カポック・ノットの製品とブランド立ち上げのきっかけについて、代表の深井喜翔さんにお話を伺いました。

“「カポック・ノット」は、人と地球に優しい木の実由来のサステナブル素材「カポック」を使ったブランドです。

「カポック」というのは東南アジアに自生している植物なので、栽培のために、木を伐採する必要がありません。木の実を綿に加工しているので、地球環境にとても優しい素材です。

また「カポック」は吸湿発熱の機能を持っているため、軽くて暖かいという特徴があります

「カポック」との出会いは、繊維について勉強している最中でした。

地球環境に優しく、自生している植物で、コストも安いため、社会性と事業性の両立ができると考え「カポック」でコートを作ろうと考えました。”

厚さわずか5mmというコートですが、「カポック」は繊維が短いことから、糸にすることができず、これまでは枕やクッションの詰め物としてしか使われていませんでした。それをシート状に加工する技術を開発する事で、コートを作成することに成功しました。

「カポック」は一本の木で500mlペットボトルほどの大きさの実が300個以上なるそうで、非常に効率の良い原材料です。

自宅で洗濯も可能なこのコート。保温機能はウインタースポーツでも使用できるほどです。

ブランドのコンセプトにも様々な思いが込められています。

“コンセプトは「ファームトゥーファッション」を掲げています。

自分達で農場まで行き、直接綿を買い付け、製品化まで自分たちの手で選択をしていく心がけをしています。

また売り上げの一部を使って、直接インドネシアの農園に行き、植樹活動をしています。

動物由来や石油由来のものを、植物由来に置き換えることがより良い地球環境を残していくために重要です。

環境のために我慢するということではなく「機能やデザインの良いものが実はサステナブルな素材で作られている。」という世界を目指しています。

「消費者が我慢することなく、ファッションを楽しむこと、未来について考えることが両立できる。」というのが「カポック・ノット」が伝えたいメッセージです。”

カポックノットはオンライン販売の他、2月17日からは銀座三越でポップアップショップを展開予定です。

機能、デザインに拘った木の実由来の暖かコート、是非気になった方はチェックしてみてください。

番組の内容はRadikoでお聴きになれます。(放送より1週間、タイムフリーで聴くことが可能)

関連リンク

KAPOK KNOT

https://kapok-knot.com/?gclid=Cj0KCQiAmfmABhCHARIsACwPRAD27Di5R2p5K8Fd1XfFkgF-utaOxkwR7_1d7ZW6oL7POhb2LkaD6fcaAneaEALw_wcB

J-WAVE「Make my day HUMMINGBIRD SUSTAINABLE LIFESTYLE」

https://www.j-wave.co.jp/original/makemyday/sustainable/

Radiko

https://radiko.jp

カテゴリから探す

アクション

お知らせ

トピックス

J-WAVE

GOETHE

GINGER